秋田県大仙市で営業しております。車のメンテナンスのことならお任せください

こちらをクリック

 ノッキングとは

エンジンは吸入されたガソリンと空気の混合気を圧縮しスパークプラグにより点火し燃焼しています。

その際プラグから遠いところにある燃料が高圧・高熱により自己着火しその衝撃波により最悪の場合エンジンの金属部品を破損・融解させてしまいます。破損の前の段階の現象としてはエンジンからキンキン・カンカンといった異音が聞こえてくるようになります。

原因としてはオクタン価と点火時期の関係によって発生することが多いです。
その対策として発火しづらいハイオクガソリンを使用したり点火時期の遅角化、燃料を濃くするなど。

最近の車はこの辺の補正機能が発達しているのでノッキングはめったに起こらなくはなっています。

powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional