秋田県大仙市で営業しております。車のメンテナンスのことならお任せください

エンジンオイルについて

エンジンオイル交換は最も手軽な特効薬

エンジンオイル交換。もっともポピュラーな自動車のメンテナンスですよね。
でも交換する側(作業者)に『エンジンオイルってどうして交換するの?』って聞くと答えられないメカニックも結構います。
自分も国家1級整備士を取得するまではそのうちの1人でした。

それだけ何も考えずに汚いから交換する。交換するのが当たり前。
でも、どんな効果あるのだろう?そう思われている方もたくさんいらっしゃると思うのでその辺をご紹介していきたいと思います。

エンジンオイルの効能

  •  潤滑作用
    エンジン内部は様々な部品がこすれあっています。エンジンオイ ルはこのときに発生する摩擦を少なくし円滑にエンジンが作動す るようにしています。
  •  密封作用
    エンジン内部のシリンダーとピストンの間に入り込み、機密を保ちます。
  •  防錆作用
    エンジン内部はガソリンと空気の混合気が燃焼を繰り返しています。そのためエンジン内はブローバイガスという有害なガスが充満しておりそのガスがエンジン内を腐食させてしまいます。それを防止するのが防錆作用です
  •  清浄作用
    エンジンは使い続けているとエンジン内部が汚れてしまうのでその汚れを取り除いてくれます。
  •  焼き付き防止作用
    エンジンオイルはエンジン内部を循環し冷却することによりエンジン内部の摩擦等が原因の焼き付きを防止しています。

エンジンオイルの種類

鉱物油、化学合成油、部分合成油、の3種類に分かれます。

  • 鉱物油
    原油を蒸留・精製することで作られたオイル。
  • 化学合成油
    オイルの主成分である炭化水素を合成することで製造されたオイル。
    低温流動性・酸化安定性・粘土温度特性(熱に対する安定性)に優れます。
  • 部分合成油
    化学合成油と鉱物油を配合させたオイル。鉱物油を高性能化したものと考えると分かりやすいですね。

エンジンオイルの記号

エンジンオイルの記号を見るとSL10W-30とか書いていますが、これはSLAPIサービス分類と言ってSがガソリンエンジン用Lが簡単に言うとグレードです。Sの隣のアルファベットはABC順でグレードの高さを表しています。現在はSM級まで市販されています。

次に10W-30ですがエンジンオイルの温度に対する粘性範囲を表しています。
ハイフンの前の数字が低くなるほど低温流動性が優れますのでエンジンが冷えている状態でもオイル自体の抵抗が少ないので始動性や燃費に優れます。エンジンオイルもサラサラとした感じです。
ハイフンの後の数字が大きいほど高温時でもしっかりとした油膜を保ちますがその分低温時にエンジンオイルが硬いのでエンジン始動性などが悪くなります。

交換時期

当店では走行距離やエンジンのコンディションにより判断していますが、基本的に5000kmでの交換、エレメントはエンジンオイル交換2回で1回の交換をお勧めしています。

ターボ車はエンジンオイルにも過酷な状態に置かれますので、最低でも5000kmでの交換は守ってもらいたいものです。
特に軽自動車のターボ車はターボに対するオイルの流量が少なく排気量も小さいのでより過酷な条件での運転になりますので3000km毎に交換される事をお勧めしてます。


a:2543 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional