秋田県大仙市で営業しております。車のメンテナンスのことならお任せください

エンジン点検

エンジン点検

・スパークプラグの状態
・各ベルトの点検
・かかり具合、低速・加速の状態
・排気ガスの色、CO/HCの濃度
・エアエレメントのつまり、汚れ
・燃料漏れ、各リンク状態
・冷却水の漏れ
・マフラーの取り付けの緩み損傷

整備事例

  • エンジンの性能が十分に発揮できないと車としての価値が薄れてしまいます。エコドライブをしても意味がありません。現在の車は補正機能が充実していて調子が悪くても運転者が気づかないことが多くあります。エンジンの性能を十分に発揮させるためには正しい点検が必要になります。


  • スロットルバルブ内清掃
    スロットルバルブ

この箇所はエンジンからの吹き返しなどで汚れが溜まっているケースがあり清掃することによりエンジンが軽く拭け上がるようになります。

  • ベルトの点検
    ベルト
    エンジンの補機類(エアコン・パワステ)を駆動しています。交換サイクルは3〜40000km位です。このベルトが切れてしまうとエンジンが停止したり、エアコンが効かなくなってしまったりしてしまうので慎重な点検を心がけています。

  • スパークプラグの点検
    プラグの比較
    エンジンを燃焼させるための点火装置です。
    プラグがうまく点火しないと効率の良い燃焼ができないので定期的な交換が必要です。交換サイクルは20000km位です。


  • ラジエータキャップ点検
    ラジエータキャップ
    ラジエータキャップが消耗すると気密が保てなくなる為、エンジン冷却水の沸点が下がりエンジンオーバーヒートの原因になります。


  • エアエレメント
    エアエレメント
    エンジンに吸入される空気中のゴミ・チリを除去する役目があります。ゴミ・チリにより詰まってしまうと十分な空気がエンジンに吸入されなくなってしまうのでパワー不足、燃費の悪化などの不具合につながってしまいます。写真は30000km走行時のものと新品を比較した写真です。





a:1949 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional